FC2ブログ
家出掲示板で神待ち
家出少女が神待ちしてますっ。助けて下さい!お願いしますっ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家出掲示板で神待ち 官能小説
彼女の、愛のゆくえ[VOL.1 第1話:「朝の気分」~サイテーな朝帰り~]


病院、辞めようかな…

「何だかあたし、ブスになったような気がする」。朝、洗面台の鏡の前で唇の下にできた、大人のニキビを見つけた私はすごくあわてた。今どきニキビなんて!触ってみると大きい。ヤバイ!その瞬間プチっとつぶれてしまった。

「わぁ~跡が残ったら大変!」
寝室に駆け込んで整理棚の救急箱から軟膏を取り出した。

そのときふと「病院、辞めようかな」と独り言が自然にこぼれた。

体中から力が抜けてしまった。
「素子、待って」
後ろから声をかけてきたのは、友達の須藤由紀だった。勤務先の病院まで私は渋谷からバスで、六本木にオフィスのある由紀と時々一緒に乗車することがある。

渋谷駅のロータリーで、私達は「遅刻しそう」と顔を見合わせた。吐く息が白かった。

「病院辞めたくなって…」
「ドクターと別れてから?」
「…う~ん、どうかなぁ」

大学病院で栄養管理士をしている私は、今年の春に4歳年上の森ドクターから交際を申し込まれた。

彼のはにかんだ表情に、28歳の私の脳裏に「結婚」の2文字が浮かび上った。

ドクターとの付き合いは順調。……と思いこんでいただけかもしれない。夏が訪れようとした頃、栄養管理士の後輩の洋子が私と大木研修医との仲をジャマして、ありもしないことをばら撒いた。

もう!どういうこと!!

しかも大木研修医までが大真面目な顔で「僕達は何もないですよね」と調理室へわざわざ言いにきた。
「どうして私が巻き込まれなきゃいけないの?」
頬をふくらませて森ドクターに甘えた。

恋人だったら慰めて欲しかった、当然でしょ。でも彼の口から出たのは信じられない一言!
「君が軽々しいからだ」。

驚きと失望であっけにとられて、黙り込んでしまった。一番信じてほしい人に誤解されるなんて。悲しいというより、情けなかった。

ぎくしゃくした関係が一ヶ月ぐらい続いた後で、「故郷に帰る」と森ドクターは突然あっさりと去ってしまった
スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。