FC2ブログ
家出掲示板で神待ち
家出少女が神待ちしてますっ。助けて下さい!お願いしますっ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家出掲示板神待ち ②
今日のご紹介はぁぁぁ↑

なんとこの子!!!


あかねちゃんデス


o0320024010425442936.jpg


家出したばっかり見たい!!!


あかねは
ここ→【神待ちの鉄板サイト】

に登録してるので…迎えに来てください!!
お願いします↓



若い子は若い子なりに…


大変なんだよwww
って感じだよ…



親は…親で大変かもしれないけど…



勢いで…飛び出して来ちゃった…


助けてください…


神様になってくれる人は…

家出掲示板で神待ちの管理人 ユウさんより。
スポンサーサイト
[PR]

家出掲示板神待ち ②
家出掲示板
↑↑↑↑


あずちゃんです



スタイルバツグン!!!!!!


でも家出少女なの♪





【10代家出少女1番人気!】
↑↑↑↑↑↑↑

ここいいるので…助けてください…
お願いします…



前に神様待ちしてたら
トモダチと間違って声かけてからそれから
すっごく仲良くなったの

最近全然神様が見つかってないみたい…
だから…みんなぁぁぁぁ…

助けてくれるんだったら言ってほしいなぁ…ww

家出掲示板で神待ちの管理人 ユウさんより。
家出掲示板神待ち 今日はね!
あいかちゃんだよw

じゃーーーーん




↓↓↓↓↓


d947bf06a885db0d477d707121934ff8.jpg



超ww美人…!!

最近家出しちゃったみたいww




女の子達にも…色々あるんだよねww↓


家出少女たちの相談に乗ったりしてるけど…



みーんなそれぞれの悩みがあるんだよね↓


もっとわかってくれる人が欲しいって…
やっぱり子供ながら…
かんじちゃうの↓





だから…わかってあげてください…


神様に頼りたくて仕方ない…っていう気持ちを…
家出掲示板神待ち トモダチから~
さっきトモダチからメールきて…


ブログにぁたし乗っけてよww
って来たwww↓


っぜーったいに何かをたくらんでるって感じが
すーっごく感じ取れちゃったっていう…ww

D1000135.jpg



この↑の写メを載せてって言ってきたので…

のせちゃいます↓







ばかなトモダチでごめんなさーい↓www
家出掲示板神待ち 暇暇www
暇すぎて…

どうしよう…


トモダチも…夕方まで時間あかないとか
いわれちゃったし…



寂しい女だよ…



誰か…

構ってくれませんか???


656717_20100821150722.jpg




しかも…

最悪…



見えるかな???



太ももで…

おニキビちゃんできちゃったし…




最悪↓↓
家出掲示板神待ち 生理前はエッチがしたくなっちゃうww
結構オ〇ニーします

特に生理前はメスになる時があります・・・

指でクリ〇リスを刺激しながら、バ〇ブを咥えてます!

私は実はバイブはほとんど中には、入れません。
ローターもほとんど使わないし、基本的におもちゃは使わない

だけど、自分でオ〇ニーする時はバ〇ブを口に咥えてます。

その方が、好きな人にフェ〇チオしてあげてる時のシーンが想像しやすいの☆

女は多分、男と違って摩擦だけでは気持ちよくなれない・・。

精神的な高揚がないと絶対にいけない。だから女のオ〇ニーは想像力が勝負。

って男の人もそうなのかなww?(´ヘ`;)

なので、バ〇ブは、私のフェ〇チオ想像オ〇ニーにとって欠かせないんです。

「あー!!!まみ!!そこもっと舐めて!!すっごく気持ち良い!!」

とか想像の中で言われて興奮しています。

「ちゃんと俺の目を見ながらしゃぶれよ!!!!」

もうたまんないです。

こんな事書くのもどうかと思うのですが、
ずっと前に私の事をずっと好きだって言ってくれる男の子がいたんだけど
あんまり興味がなくて、ずっと放置してたんです。

でもあまりにも一途に好きだ!!

って言ってくれたので、一回だけフェラチオしてあげたんですよ・・。

その時のフェラチオはめちゃめちゃ興奮した。勢いでごっくんもしてあげました。

久しぶりに彼に会いたい・・・・・・。

って思っちゃうのは…
変態だから?かな?wwwww
家出掲示板神待ち 女の子w
最近ぁたしのトモダチも!!!!!


家出始めた子が増えちゃってるんだよねw

神様がよけにみつかんなくなっちゃうよww↓




なぁんかいい方法とかってあったりしないかなぁwww

ww








神様wwwww



あぁたしを迎えにきてww
家出少女 世界の果てで逢おう。2
第2話:大人と子供


 夜の街に不似合いな風貌の少女だった。
 細すぎず成長期の柔らかな身体の線は、とても健康的な印象だった。肩口までの黒い髪とセーラー服から伸びる四肢が太陽の下だったらよく映えるだろう。そんな事を考えながら少女を目で追っていく。そして、有坂は気がついた。
 …こっちを、見ている?
 確かに互いの目が合っていた。その証拠に少女もまた、有坂から視線を反らさなかった。街のギラギラしたネオンだけが互いの顔を映し出す光だった。
 ふいに少女の背後から影が現れる。男連れか、と有坂は思った。深夜近い時間に女子高生一人きりとは考えづらい。見た目は普通でも中身までそうだとは言い切れないものだ。軽い失望感が有坂の中に生まれた。随分と酒が入っている風のメタボリック予備軍系中年男性がなれなれしく少女の右肘を掴む。
「逃げる事ないだろう?どっか行こうって誘ってるだけじゃない」
 少女の表情は不愉快そのものだった。
「ね?どこにしようか。もう終電行っちゃったからカラオケで夜明かしでもする?歌は上手い方なんだよこれでも」
 振りほどこうともがくが、大人の力は強い。
「…離してください!」
「勿論お小遣いはずむよ?ん?いくら欲しい?」
 よこしまな感情を隠しもせず、罪悪感などまるでない言葉を少女に投げつける。
 男のゴツゴツとした手が未成熟な身体を撫でまわしていく。胸、臍、下腹部、背中、臀部と。清楚な制服の上から肢体のラインを確認するように手が滑った。薄い生地越しに中年男性の体温が伝わって更に嫌悪感が増し、少女の怒りが露わになる。
「触らないで!」
 一瞬、少女が有坂を見た。…心臓を鷲掴みにされたような、感覚だった。
「勘違いしないでください、人を待ってるって言ってるじゃないですか!やだ、離して!お兄ちゃん!」
(――オ兄チャン!)
 とっさに、身体が動いていた。
 有坂は二人の間に割り込み、背で少女を庇った。少女の手が、震えながら有坂のTシャツを掴んでいる。自分の行動を理解できないまま、守らなければならないという思いだけがあった。
「もうやめたら?この子が嫌がってるのわかんないの?」
「なんだ、お前」
 よっぱらいは苦手だ。話がなかなか通じないしどこまでも自己中心だから。だが後には引けない。
「おじさんのやってた事はチカン行為なんだけど…そこに交番があるの知ってるよねぇ?」
 薄ら笑いを浮かべて、有坂は男の腕を掴みアルタ方面へ向きを変えて引っ張った。
 ――本気で交番へ行こうとしている。
 脅しではないとようやく理解した男は一気に正気を取り戻し、慌てて腕をふりほどいてしっかりとした足取りで歓楽街へ消えていった。男の背中が完全に視界から消えたのを確認して、有坂は安堵した。
 ――大事にならなくて良かった。
 高校在学中は家庭事情の影響でかなり荒れていたから、喧嘩は日常茶飯事だった。しかしもう七年前の話だ。今喧嘩出来るかといったら多分無理だろう、相手が中年のオヤジでも。
「…行ったから、もう大丈夫だよ」
 振り向かず声をかけたが無言だった。余程怖かったのか少女は有坂の背中にべったりとへばりついたまま、まだ震えている。仕方なく気のすむようにさせた。
 街中でざわめく人々。道路を走る自動車の音。信号の警告音。
 その音たちを遠くから聞いているようだと、有坂は思う。まるで世界から取り残されたような錯覚だった。





 しばらく続いた沈黙のあと、言葉を発したのは少女の方だった。手はまだ有坂のシャツを掴んだままだが、だいぶ落ち着いたようだ。
「…あの、ありがとうございました」
 身体を離しながら、少女の小さな声が響いた。
 有坂が、ゆっくりと振り向く。少女はゆるゆると、顔を上げる。
 間近で初めて少女の顔をみた。化粧っ気のないつるんとした肌と、大きな目が真直ぐ有坂をみつめている。深い闇の色だ、と有坂は感じていた。
「えーと、怪我とか、ない?」
「はい、ないです。怖かったけど」
 少女は自分で自分を抱きしめて弱く笑った。
「でも、こんな時間までこんなとこに居たんじゃ、絡まれても自業自得ですよね」
 溜息をつくように、言った。
「…聞いてもいいかな」
「はい」
「子供は寝る時間だろう。なんでこんな時間まで何やってたんだ?」
 違う、聞きたいのはこんなことじゃなくて。有坂は混乱している。
「帰りたくなかったからです」
「帰りたく、ない?家に?」
「ああ、ちょっと違うかな。待ってたんです、ずっと。だから帰りたくなかったの」
 ふわりと笑った顔が、なんだか嬉しそうだった。
「さっき、人を待ってたって言ってたみたいだけど…その人を?」
 少女は頷いた。
「来てくれるあてなんてなかったけど、新宿で働いてるって分かって…待ってたら会えるかなって思って。そしたらおじさんにナンパされて、面倒だったから逃げたら追いかけてきて…」
「で、ああなったわけか…なるほど。あともうひとつ聞きたかった。なんで『お兄ちゃん』て呼んだ?」
 あの一言で感じた違和感の正体を知りたかった。少女は、ぺろっとピンクの舌を出して悪戯っぽく笑った。
「助けてくれると思ったの」
「………」
「お兄さんが、私を助けてくれると思ったのよ」
「…思惑通り、助けたわけだ俺が」
 誰かの良いように扱われるのは好きではない。が、何故かこの子にならそうされても良いように思えた。
「それで?これからどうするんだ?ウチに帰るか?」
 静かに、問いかける。少女は黙って首を振った。
「一晩なら泊めてやる。野宿よりいいだろう」
「…ありがとう、そうしてくれると助かります。あの、私ヨリコって言います、森川頼子。お兄さんは?」
「…お兄さんての、やめてくれ。俺は有坂保だ」
 そう言って有坂は新宿南口方面へと、歩き出した。そのあとを頼子がゆっくりとついて行く。




(世界の果てで逢おう。 第2話おわり/第3話につづく)

家出掲示板神待ち 世界の果てで逢おう。2

家出掲示板神待ち 世界の果てで逢おう。2




第2話:大人と子供


 夜の街に不似合いな風貌の少女だった。
 細すぎず成長期の柔らかな身体の線は、とても健康的な印象だった。肩口までの黒い髪とセーラー服から伸びる四肢が太陽の下だったらよく映えるだろう。そんな事を考えながら少女を目で追っていく。そして、有坂は気がついた。
 …こっちを、見ている?
 確かに互いの目が合っていた。その証拠に少女もまた、有坂から視線を反らさなかった。街のギラギラしたネオンだけが互いの顔を映し出す光だった。
 ふいに少女の背後から影が現れる。男連れか、と有坂は思った。深夜近い時間に女子高生一人きりとは考えづらい。見た目は普通でも中身までそうだとは言い切れないものだ。軽い失望感が有坂の中に生まれた。随分と酒が入っている風のメタボリック予備軍系中年男性がなれなれしく少女の右肘を掴む。
「逃げる事ないだろう?どっか行こうって誘ってるだけじゃない」
 少女の表情は不愉快そのものだった。
「ね?どこにしようか。もう終電行っちゃったからカラオケで夜明かしでもする?歌は上手い方なんだよこれでも」
 振りほどこうともがくが、大人の力は強い。
「…離してください!」
「勿論お小遣いはずむよ?ん?いくら欲しい?」
 よこしまな感情を隠しもせず、罪悪感などまるでない言葉を少女に投げつける。
 男のゴツゴツとした手が未成熟な身体を撫でまわしていく。胸、臍、下腹部、背中、臀部と。清楚な制服の上から肢体のラインを確認するように手が滑った。薄い生地越しに中年男性の体温が伝わって更に嫌悪感が増し、少女の怒りが露わになる。
「触らないで!」
 一瞬、少女が有坂を見た。…心臓を鷲掴みにされたような、感覚だった。
「勘違いしないでください、人を待ってるって言ってるじゃないですか!やだ、離して!お兄ちゃん!」
(――オ兄チャン!)
 とっさに、身体が動いていた。
 有坂は二人の間に割り込み、背で少女を庇った。少女の手が、震えながら有坂のTシャツを掴んでいる。自分の行動を理解できないまま、守らなければならないという思いだけがあった。
「もうやめたら?この子が嫌がってるのわかんないの?」
「なんだ、お前」
 よっぱらいは苦手だ。話がなかなか通じないしどこまでも自己中心だから。だが後には引けない。
「おじさんのやってた事はチカン行為なんだけど…そこに交番があるの知ってるよねぇ?」
 薄ら笑いを浮かべて、有坂は男の腕を掴みアルタ方面へ向きを変えて引っ張った。
 ――本気で交番へ行こうとしている。
 脅しではないとようやく理解した男は一気に正気を取り戻し、慌てて腕をふりほどいてしっかりとした足取りで歓楽街へ消えていった。男の背中が完全に視界から消えたのを確認して、有坂は安堵した。
 ――大事にならなくて良かった。
 高校在学中は家庭事情の影響でかなり荒れていたから、喧嘩は日常茶飯事だった。しかしもう七年前の話だ。今喧嘩出来るかといったら多分無理だろう、相手が中年のオヤジでも。
「…行ったから、もう大丈夫だよ」
 振り向かず声をかけたが無言だった。余程怖かったのか少女は有坂の背中にべったりとへばりついたまま、まだ震えている。仕方なく気のすむようにさせた。
 街中でざわめく人々。道路を走る自動車の音。信号の警告音。
 その音たちを遠くから聞いているようだと、有坂は思う。まるで世界から取り残されたような錯覚だった。





 しばらく続いた沈黙のあと、言葉を発したのは少女の方だった。手はまだ有坂のシャツを掴んだままだが、だいぶ落ち着いたようだ。
「…あの、ありがとうございました」
 身体を離しながら、少女の小さな声が響いた。
 有坂が、ゆっくりと振り向く。少女はゆるゆると、顔を上げる。
 間近で初めて少女の顔をみた。化粧っ気のないつるんとした肌と、大きな目が真直ぐ有坂をみつめている。深い闇の色だ、と有坂は感じていた。
「えーと、怪我とか、ない?」
「はい、ないです。怖かったけど」
 少女は自分で自分を抱きしめて弱く笑った。
「でも、こんな時間までこんなとこに居たんじゃ、絡まれても自業自得ですよね」
 溜息をつくように、言った。
「…聞いてもいいかな」
「はい」
「子供は寝る時間だろう。なんでこんな時間まで何やってたんだ?」
 違う、聞きたいのはこんなことじゃなくて。有坂は混乱している。
「帰りたくなかったからです」
「帰りたく、ない?家に?」
「ああ、ちょっと違うかな。待ってたんです、ずっと。だから帰りたくなかったの」
 ふわりと笑った顔が、なんだか嬉しそうだった。
「さっき、人を待ってたって言ってたみたいだけど…その人を?」
 少女は頷いた。
「来てくれるあてなんてなかったけど、新宿で働いてるって分かって…待ってたら会えるかなって思って。そしたらおじさんにナンパされて、面倒だったから逃げたら追いかけてきて…」
「で、ああなったわけか…なるほど。あともうひとつ聞きたかった。なんで『お兄ちゃん』て呼んだ?」
 あの一言で感じた違和感の正体を知りたかった。少女は、ぺろっとピンクの舌を出して悪戯っぽく笑った。
「助けてくれると思ったの」
「………」
「お兄さんが、私を助けてくれると思ったのよ」
「…思惑通り、助けたわけだ俺が」
 誰かの良いように扱われるのは好きではない。が、何故かこの子にならそうされても良いように思えた。
「それで?これからどうするんだ?ウチに帰るか?」
 静かに、問いかける。少女は黙って首を振った。
「一晩なら泊めてやる。野宿よりいいだろう」
「…ありがとう、そうしてくれると助かります。あの、私ヨリコって言います、森川頼子。お兄さんは?」
「…お兄さんての、やめてくれ。俺は有坂保だ」
 そう言って有坂は新宿南口方面へと、歩き出した。そのあとを頼子がゆっくりとついて行く。




(世界の果てで逢おう。 第2話おわり/第3話につづく)

家出掲示板神待ち 最悪…

家出掲示板神待ち 最悪…




全然本気でイイ事がない…


どうしてなのかな?

日頃の行いが悪いからって
トモダチが言ってくるけど…



超が付くほど…


日頃の行いはいいと思うんだけどなぁ…





神様www

早く助けて…


お願い…





ぁたしの神様になってくれる人はいませんかぁぁぁぁ…↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。